電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-3-12
サッカー選手軌跡記録からの試合のVR再体験
◎張 欣博・大田友一・亀田能成・北原 格(筑波大)
本稿では,実際に記録されたサッカーの試合を没入感の高い形式で可視化し,それによって過去に行われた試合を追体験できる枠組みを提示する.試合の記録については,選手の位置等を追跡する取り組みが社会的にすでに進められている.本研究でも,商業ベースでの試合記録サービスの利用を前提とする.ここで得られる情報は,多くの場合,サッカー選手の軌跡とボールの軌跡であり,完全にVRとして試合を再現するには情報の補足が必要である.再体験に際しては,広角視野の頭部運動追跡式の立体HMDの利用を考える. これにより,利用者は,自分の頭部の向きを変えるだけで,見たい方向を確認することができる.