電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-3-4
キャラクタの育成を用いたごみ廃棄意識向上システム
◎浅井 駿・井村誠孝(関西学院大)
近年,資源需要の世界的な増大と資源価格の高騰により、資源の安定供給に対する懸念が強まり,国際的に資源制約が高まっている.これに伴い,ごみ問題が大きく取り上げられるようになった.ごみ問題の中で特にポイ捨ては身近な問題であり,各人が意識してごみをごみ箱へ捨てることで減少させることが可能である.本研究では,ユーザがごみをごみ箱へ捨てる意識の向上を目的としたごみ箱システムを提案する.ごみを捨てることにゲーム的要素であるキャラクタの成長を取り入れたシステムを用いて,ごみ捨て意識の向上を目指す.