電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-2-30
集団脳波を用いたVR空間制御システムの開発
○作田 充・唐山英明(富山県立大)
近年、ブレインコンピュータインタフェース(Brain Computer Interface : BCI)に関する研究が盛んに行われており、その応用のひとつとして脳波を用いたVR空間制御を行うBCIが考えられている。しかし、より実用的なBCIの利用を実現するためには更なるBCIの高性能化が必要である。そこで本研究では集団脳波を用いることで高精度かつ実時間性を保持したVR空間制御を行うためのBCI開発を目指した。その結果、開発したシステムにおいて、個人脳波を用いた判別精度に比べて集団脳波を用いた判別精度が上昇していることが確認でき、高性能なVR空間の制御を行うBCIを実現できる可能性が示唆された