電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-2-20
格子状電極を用いたジェスチャ認識向け電界センサによる導電体位置推定精度の評価
◎岸野瞬士・廣本正之・佐藤高史(京大)
ジェスチャ認識による入力デバイスの作成に向けて,複数の電極を格子状に配置する電界センサの構造と,センサ上方に存在する導電体位置の推定アルゴリズムを提案する.本稿ではその初期検討として,センサ上方に配置された一つの立方体状の導電体の位置推定を行う.提案手法では,様々な位置に導電体がある場合に各電極に現れる電圧値を予め求めて保持しておき,導電体があることにより誘起される各電極の電圧を最もよく説明する位置を反復的に計算する.導電体位置の推定精度をシミュレーションにより評価した結果,各電極での電圧測定が±0.05mVの誤差を持つ場合の位置推定誤差は,0.36mm程度であった.