電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-1-2
ラバーハンド錯覚に基づく視覚情報が硬軟の知覚に与える影響
◎松岡修平・唐山英明(富山県立大)
手を隠した状態で偽物の手を見せて,同時に刺激を与え続けられると,偽物の手が自分の手のように感じられるラバーハンド錯覚という現象がある。この錯覚の生起中に,偽物の手に硬軟の異なる触刺激を与えた際に,本物の手でも同様の触刺激を知覚するのかについて検証を行った.検証の結果,ラバーハンド錯覚生起中に本物の手への刺激提示に変化がない場合にも,偽物の手に影響されて硬さが変化したかのように感じるという現象が起こることを確認した.