電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-1-1
3Dプリンターの箱庭療法への応用 -アメリカ人、中国人を対象に-
○吉沼 智・加藤千恵子(東洋大)・渋谷英雄(ピースマインド・イープ)・杉本富利(東洋大)
近年、ストレスフルな環境の中で心身に不調をきたし,うつ病などに悩む人達が日本だけでなく世界中で増えてきている.このような精神疾患の治療法のひとつとして箱庭療法がある.箱庭療法では砂の入った箱の中に置かれた玩具を検査者が解釈することにより,言葉では伝えられない被験者の内面世界を解釈することができる.本研究ではアメリカ,中国でそれぞれ被験者が使用したい玩具を3Dプリンターで自由に作成させ,それらを使い箱庭療法を実施し,日本人以外にも適応可能かを検討した。その結果、被験者の感想から好意的な意見が多く3Dプリンターを使った箱庭療法が日本人のみに限られていない可能性が示唆された.