電子情報通信学会総合大会講演要旨
DS-1-1
無線モデムを利用したアドホック・ネットワークにおけるデータ収集プロトコル
○伊藤宏朗・大村知士・太田 聡(富山県立大)
無線モデムを使ったアドホック・ネットワークで,各ノードからデータを収集するプロトコルを提案し,評価した.提案プロトコルはメッシュ状ネットワークの中の木構造に着目し.木を深さ優先探索する順序でトークンを循環させ,パケットの衝突を回避すると共に,簡易にルーティングを実現する.市販の無線モデムとコンピュータボードを接続してノードを構成し,コンピュータボード上のプログラムとして提案プロトコルとデータ収集に用いるコマンドを実装した.さらに,このノードを用いたネットワークを構築し,動作を確認した.また,データファイルの転送時間を測定し,提案方法の性能を明らかにした.