電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-21-5
画像認識に基づく情報提供サービスのための利用者位置履歴の保護
◎藤井宏次朗・中村和晃・馬場口 登(阪大)
複合商業施設等において,ユーザが携帯端末で撮影した店舗画像を受け取ってその店舗を同定したのち,当該店舗に関する情報(おすすめ商品や口コミ情報)をユーザに提供するようなサービスがあれば,ユーザに多くの便宜が提供できる.しかし,このようなサービスをユーザが複数回利用すると,サーバ側で店舗同定結果の対応付けが可能となる.これは,利用者の視点に立てば,自分の位置履歴情報が意図せずして流出したことになる.本稿では,このような情報流出を避けるための利用者位置履歴保護の枠組みと,そのための画像特徴量の変換手法を提案する.実験により,提案する特徴量変換法が位置履歴情報の保護に有効な性質を持つことを確かめた.