電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-20-11
機械学習に基づく利用者指向型動画配信サービスにおける動画品質決定手法の実験と評価
◎生出真人・髙橋晶子(仙台高専)
スマートフォンをはじめとする携帯端末の高機能化や無線ネットワークの普及により,多様なネットワークサービスが利用されるようになった.しかし,携帯端末は従来の計算機と比較して資源が乏しいことから,リアルタイム性を損なわずに大容量のデータを伝送する動画配信サービスでは,個々の利用者要求を考慮した適切なサービスを提供することは困難である.
そこで本研究では,動画配信サービスにおいて利用者要求を考慮し,携帯端末の状態やネットワーク状態に応じて利用者に対し適切な動画品質を提供するための動画品質決定手法を提案する.また,プロトタイプシステムを用いた実験を行うことで提案手法の有効性を確認する.