電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-16-1
顕微鏡画像における細胞のテクスチャ解析
◎青竹峻太郎・Atupelage Chamidu・Zhang Zicong・青木工太・長橋 宏・木賀大介(東工大)
創薬などの研究分野においては、顕微鏡画像から細胞領域を抽出し、正確なスクリーニングを行うことが求められる。通常は細胞を染色し解析することで周期同定を行うが、細胞が破壊されてしまう。また染色することが出来ない細胞があるという問題がある。そこで、本研究では無染色細胞のテクスチャに基づくK-means法によるクラスタリングとChan-Vese領域分割法を用いた細胞領域の抽出、及び高次の細胞特徴を利用しRandom Forest学習器を用いた細胞分裂周期の同定を行った。評価実験では、チャイニーズハムスターの卵巣細胞の細胞分裂の様子を捉えた位相差顕微鏡動画、及び様々な撮影環境を含めた顕微鏡画像のデータベースを構築し実験を行った。