電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-37
SQL実習支援システムのための反復学習回数削減法の検討
○高橋正行・岡田信一郎(茨城大)
筆者らは、学習者に問題を繰返し解かせる「SQL実習支援システム」の開発、運用を行っている。
しかし、SQLには学習項目間の重複が多いため、一部の項目は必要以上の繰返しとなってしまう。
今回は、項目間で重複する繰返しの削減を検討し、今年度の学習履歴を用いてその妥当性を検証した。
その結果、20%程度の出題数削減が見込めることが確認された。
今後は提案手法を実際のシステムへ実装し、運用を通じた検証を行う予定である。