電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-36
SQL演習におけるselect文の自動採点システムの提案
◎坂口龍一・中田大智・津曲悠貴・水谷泰治(阪工大)
SQL を学習させる上で,習熟度を確認するために演習課題を課すことは重要である.しかし,その採点にかかる負荷は大きい.現在,本学ではSQL の演習において,講師が目視で採点している.ある質問文に対するselect 文は唯一ではないことと,演習の受講者が1 クラス50 人程度いることから,採点の負荷は大きく,課題の採点ミスも発生しやすい.また,採点にかかる時間も大きく,演習時間中に迅速に受講生にフィードバックすることは容易ではない.そのため,採点の高速化が求められる.そこで本研究ではSQLの演習課題を自動採点するシステムを開発した.10 人分の答案に対して採点を行った結果,自動採点では25 分32 秒の採点時間の短縮に成功した.