電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-25
講義における演習の進捗状況把握支援システムの開発
○中島礼乃・古井陽之助・神屋郁子・下川俊彦(九産大)
大学では講義時間中に演習問題を解くことがある。この際、学生は挙手することで、教員、TA・SA(以下、演習担当者)に疑問点を質問したり、解答の点検を受ける。学生、演習担当者両者にとっての問題として依頼順や演習結果といった進捗状況を把握することが難しいということもある。本研究では、進捗状況の把握を可能にし、円滑に演習を進められるように支援するシステムを開発した。学生はPCなどから本システムを用いて質問・解答の点検を依頼できる。演習担当者はタブレット等から本システムを利用し、依頼順を一覧し、対応する学生を自動や手動で選択、演習結果の登録ができる。本システムを実際の講義の中で利用し、評価を行った。