電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-24
授業支援システムにおける基幹システムの設計・開発
○仲見川弘大・内田智史(神奈川大)
授業支援システムは使用する各個人で必要となる機能が異なるため、様々な授業支援システムが存在しており、それぞれが独自の機能を持ったシステムであるが、授業支援において主要な機能である基本処理内容にはほとんど差がない。また、既存の授業支援システムは使用できる機能が決まっているため、ユーザは決められた機能のみで授業を行う必要がある。本研究では、様々な授業支援システムの基本機能を調べ、共通機能を確定し、それを実現する基幹システムを作成する。そして、その基幹システムの上位に各ユーザ向けのユーザインタフェースを作成し、各ユーザ向けに特化したシステムを容易に開発できるような環境を作ることが本研究の目的である。