電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-17
アクティブラーニングに対応する新入生導入科目実践
○早川吉弘・小林秀幸・高橋晶子・柏葉安宏・千葉慎二・藤木なほみ(仙台高専)
仙台高専では,これまでの高専教育のメリットは十分に残しつつ、Advanced Active Autonomous Learning System[1]と名付けた新しい教育(学習)システムの構築を進めている.しかしながら、入学直後の躓きは、後の教育へ大きく影響することから、この躓きを回避する(軽減する)策を講じることが,一つのポイントとなる.そこで本発表では,この視点で実践されたカリキュラムの中から,社会人基礎力と名付けた,協働作業を円滑に行うために必要な,表現する力・まとめ上げる力・グループで活動する力を養う授業の設計とその実践をしたので,これを報告するとともに期待される効果等を議論したい。