電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-93
観光スポット画像データベース構築に向けた被写体クラスタリング
○奥田 誠・佐藤真一・岩澤昭一郎・吉田俊介・木俵 豊(NICT)
筆者らは,日本人や外国人の観光をサポートするロボットや携帯端末アプリに実装可能な画像認識技術の研究を進めている.今回,画像認識のための機械学習に利用可能なデータベースの自動構築技術開発に向け,大量の画像を被写体毎にクラスタリングする手法を開発した.本手法を東大寺に関連した画像に適用したところ,大仏や虚空菩薩像などの被写体を80%以上の高い純度でクラスタリングすることができた.