電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-82
高精度な移動物体検出のための微小変動領域抽出手法の改良
◎東山 渡(中部大)・福井真二(愛知教育大)・岩堀祐之(中部大)
移動物体の影を移動物体として抽出しない移動物体抽出手法が求められている.文献[1] では,背景領域中の床や壁といった変動しない領域に移動物体の影が発生することが多いことを利用し,微小変動が生じている領域(以下変動領域)と変動しない領域(以下非変動領域)とで異なる背景モデルを構築することで,移動物体の影を移動物体として検出しない移動物体抽出手法を提案している.しかしこの手法では,背景が徐々に変化していくような場面では変動領域の検出精度が低下することがあった.
そこで,本稿では日照変化などによる背景の変化に対応した背景の微小変動領域をより高精度に検出する手法を提案する.