電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-65
モバイルカメラ映像を補完的に用いた疎に配置した多視点カメラのキャリブレーション
○宍戸英彦・亀田能成・北原 格・大田友一(筑波大)
3次元形状復元や被写体の3次元追跡など,多視点画像を用いた研究に注目が集まっている.これらの処理で必要となる3次元空間と2次元画像空間の射影関係を求めるためには,空間中に3次元位置が既知なランドマークを設置する強校正が必要である.本研究では,疎な多視点カメラの間をモバイルカメラが移動しながら撮影した映像と多視点画像を統合することで,密な多視点画像群を獲得し,高精度Structure from Motion (SfM)を実現する.その結果から,多視点画像の射影関係を抽出することにより,疎な多視点カメラの高精度キャリブレーションを実現する.