電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-39
映像と音声特徴に基づいた映画のシーン抽出に関する研究
◎谷口純一・鹿嶋雅之・佐藤公則・渡邊 睦(鹿児島大)
動画コンテンツの映像内容解析に関する研究は数多く見られるが,その多くはスポーツ映像などの構図やシナリオ等が既知のものを対象としている。本研究において,我々は映画の動画コンテンツに対し,ショット分割に基づいたシーンの抽出手法を提案する.提案手法では、初めに映像の部分から色ヒストグラムを用いてショット点検出、ショット映像の生成を行う。その後、ショット映像に対し、映像と音を解析し、特徴ベクトルを生成する。最後に、特徴ベクトルを用いてシーンの抽出を行う。これらは、シーン抽出の対象となる映像コンテンツの事前知識を全く必要とすることなく行われる。複数の実写映画に対し、提案手法を適用しシーンの抽出を行った。