電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-34
時間軸を考慮した特徴量の提案とそれを用いた動画分類
◎髙垣幸秀・青野雅樹(豊橋技科大)
本報告では、時間軸を考慮した特徴量の提案とそれを用いた動画分類について述べる。提案手法として、3次元ボクセルで左右、上下、時間軸の過去・未来をそれぞれ3つの軸とする局所特徴量を考案し、これに従来手法を組合わせた特徴量を定義した。実験では、12クラスの主として人間の動作ビデオクリップからなるHollywood2データセットを用いて、従来手法と提案手法との動画分類の比較を行った。結果として、幾つかのクラスで従来手法よりも高精度の分類結果を得ることが出来た。