電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-67
ポータブルディジタルホログラフィック顕微鏡の小型・軽量化
◎阿比留 慎・佐野麻理恵・下馬場朋禄・角江 崇・伊藤智義(千葉大)
高性能な顕微鏡の要素として,高分解能,広い視野領域,三次元的観察があげられる.これら全てを満たす顕微鏡の一つが,ディジタルホログラフィック顕微鏡(Digital Holographic Microscopy 以下DHM)である.DHMは,1枚の画像に三次元譲歩を記録するというホログラフィの技術を導入することで,これらの要素を全て満たすことができる.しかし,一般的なDHMは光学系が大規模になり,構成に100万円以上の費用がかかるというデメリットがある.そこで,本研究では,小型・低費用かつ高性能なDHMを開発する.