電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-42
3Dプリンタのサポート材削減のための分割手法
◎中川善博・村木祐太・西尾孝治・小堀研一(阪工大)
3Dプリンタの多くは形状の出力時にサポート材を必要とする場合がある.サポート材は宙に浮いた形状を支えるための材料であるが,最終的に廃棄される.そこで本研究では,出力時にサポート材が少なくなる形状分割手法を提案する.提案手法では,形状の高さが最も低くなる設置方向を決定する.その後,設置方向に垂直な平面で形状を分割する.形状の分割では,ボクセルを用いてサポート材の量を算出する.この時,サポート材が必要なボクセルを分類することで高速にサポート材を算出する.そして,非平衡二分木を用いて最もサポート材が少ない位置で分割を行い,サポート材が一定量以下になるまで再帰的に形状分割する.