電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-25
多視点カメラを用いたインテグラル立体における立体再現領域の撮影手法
○池谷健佑・洗井 淳(NHK)
多視点画像から3 次元モデルを生成し、要素画像に変換することでインテグラル(IP)立体像を生成する研究を行っている。今回、二次元配列多視点カメラによるIP 立体再現領域の撮影手法を提案する。これにより、IP 立体の再現領域における水平・垂直方向の光線の取得、3 次元モデルを生成するための奥行推定におけるステレオカメラペア数の増加、IP 立体の再現領域の適切な画角での撮影が可能になる。シミュレーターにより提案手法の有効性を確認した。