電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-34
訪問者との情報共有を考慮した ジオパーク向け情報提供システムの開発
○矢羽田優輝・奥村 勝(福岡大)
地層や岩石,地形,火山などの地質遺産を保全し,教育や観光に活用することで地域の発展を目指す動きとしてジオパークがある.しかしジオパーク運営側が訪問者に向けて提供している情報はパンフレットや立て看板など限定的で単方向である.そこでジオサイトの紹介だけで,「現地訪問時の活用」を重視したスマートフォン向けガイドアプリケーションの開発を行った.本研究では前述の情報提供が単方向である問題を解決するために,前回開発したアプリケーションを改良し,別途開発している地理情報向けデータベースを用いてジオパーク向け情報提供システムを開発した.