電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-21
屋内位置情報を用いたTo-Doリストサポートシステムの提案
◎田中幹衡・吉田慶介(東京電機大)・松野省吾(電通大)・大山 実(東京電機大)
既存のTo-Doリスト管理システムは,To-Doの締切り(期限)という時間の制約とTo-Doが解決できる場所として屋外位置情報を用いてユーザにリマインダーとして通知を行っている.To-Doが解決できる屋外位置情報は,予めユーザがTo-Doの入力の際に指定しなければならない.既存のTo-Doリスト管理システムではリマインダーとして解決できる場所を指定する必要があった.筆者らの提案システムでは,To-Doの解析をシステムで実行することにより解決場所の入力は必要なくなる. To-Doリストのアンケート分析結果をもとに,より利便性の高いTo-Doリストサポートシステムを構築し,評価を行ったので報告する.