電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-4-15
長時間エピソードマイニングにおけるインスタンス数え上げ処理量低減の検討
◎富 金輝・新谷隆彦・大森 匡・藤田秀之(電通大)
ライフログから生活特性を抽出するため、エピソードマイニングを応用することによって、行った回数の多い行動を示す頻出エピソードと行った回数は少ないが継続時間が長いために多くの時間を占めた行動を示す長時間エピソードの抽出の研究を進めている。長時間エピソードを抽出するには頻度の少ないエピソードも数える必要があるだけでなく、頻度の単調性を用いた枝刈りが出来ないため、処理負荷が高くなる。本研究ではエピソードの頻度と継続時間を求めるために作成するインスタンスを削減を検討し、実データを用いた実験により処理量を14.3%低減できることを確認した。