電子情報通信学会総合大会講演要旨
CS-1-4
分散性媒質中に周期的完全導体が埋設されたパルス反射応答の数値解析
○尾崎亮介・山﨑恆樹(日大)
本文では,地中に埋設された金属散乱体を表現する為,分散性媒質中に周期的ストリップ導体を埋設した構造の定式化の要点を示す.また,複素周波数領域を解析する事ができるFILT(Fast Inversion Laplace Transform)法に加えて,高精度に解析可能な点整合法(PMM: Point Matching Method)を併用してパルス応答の影響を検討する.更に先の報告で得られている厳密解と比較検討する事により本解析手法の正当性を示す.