電子情報通信学会総合大会講演要旨
CK-3-1
IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
松井 進(阪工大)
IoTシステムを実現するための技術である無線通信技術、ネットワーク技術およびサービス基盤について述べる。無線通信技術については、IEEE802.15.4gの動向を報告する。ネットワーク技術については、多数のIoTデバイスを接続するために必要なIPv6をIoTシステムに適用するための6Lowpanおよびルーティング技術であるRPLについて説明する。サービス基盤についてはアプリケーションの共通プラットフォームを構築するoneM2Mの動向を報告する。また、スマートメータなどのIoTシステムの実用化状況や将来のIoTシステムに向けた技術課題についても述べる。