電子情報通信学会総合大会講演要旨
CI-3-3
Tunable VCSEL技術を用いたSS-OCT用光源
○諫本圭史・山下清隆・M. Khan・鍋野清輝・戸塚剛毅・鄭 昌鎬(santec)・西山伸彦(東工大)・年吉 洋(東大)
光コヒーレンストモグラフィー(OCT)は、光の可干渉性を用いて対象物の断層画像を非侵襲・非破壊で観察する技術である。人にやさしい診断、治療が目指される医療分野で特に注目されており、すでに眼科応用などでは実用化が進んでいる。OCTの性能は、撮像速度、分解能、測定光の深達度(観察できる深さ)の3項目が指標値とされる。MEMSを用いたTunable VCSEL技術は、シングルモード発振を維持しながら安定した高速の波長走査が実現できることから、高い深達度をもつ次世代のOCT用光源として注目されている。今回は、電流励起型の1060nm帯のTunable VCSELとそれを用いて観察したOCT画像について報告する。