電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-15-15
曲線テ-パ導波路を用いた偏波分割器の再設計
藤村峻也・◎日野浩詳・山内潤治・中野久松(法政大)
曲線テ-パ導波路を用いた偏波分割器をビーム伝搬法により解析する. 高い導波路間クロストークを得るために, 2つの導波路の間隔を再設計する. 再設計した構造で, 1.26 μmから1.70 μmの広い通信波長帯域に渡り, -20 dB以下の高い導波路間クロストークの得られることを明示する.