電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-14-17
円偏波変換機能とコリメート機能を有する0.3 THz帯メタマテリアルアンテナコンポーネントの設計
◎大内隆嗣・石原功基・佐藤竜也・富樫隆久・鈴木健仁(茨城大)
テラヘルツ波分野の産業応用化に向け、共鳴トンネルダイオードなどのCWテラヘルツ波デバイスを用いたテラヘルツ高速無線通信や0.3 THz帯でのイメージング技術が報告されている。CWテラヘルツ波デバイスでの円偏波の活用は、送受信デバイスの姿勢によらないテラヘルツ波高速無線通信を実現でき、高精度な表面形状テラヘルツイメージングへの応用可能性もある。そこで本稿では、テラヘルツ波の放射を平面波に変換し、平面波を円偏波へ変換する非常に小型なテラヘルツ波コンポーネントを提案、設計した。今回設計したコンポーネントは、将来的にテラヘルツ波デバイスの超小型化や省エネルギー化に大きく貢献できる。