電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-14-2
Ku帯超小型人工衛星地球局のFDM方式RoFリンク設計
○梅津隆史・吉田俊一郎・福島誠治(鹿児島大)
超小型人工衛星の多目的化とデータ通信の大容量化に伴い、衛星には複数の高周波帯送受信機が搭載され、地上局にはその周波数帯に応じた多くの無線システムを備える必要がある。鹿児島大学の超小型人工衛星KSAT2にはダウンリンクにKu帯、S帯の周波数帯が用いられており、リンクの低損失化のために地球局にはRoF (Radio-on-Fiber)システムが提案された。本研究では、周波数分割多重(FDM)方式RoFリンクを用いた地球局の検討を行った。バイアス条件や変調指数などが伝送損失やスプリアス発生に与える影響をシミュレーションにより求めた。伝送損失は変調指数に対して線形応答するが、バイアス電流・電圧に対しては非線形応答することなどが分かった。スプリアス発生はバイアス電流と変調指数の調整によって抑制できる。