電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-13-4
劣化時のアルミキノリノール錯体を用いた有機EL素子における磁場効果の検討
○梶井博武・田中慶佑・大森 裕(阪大)
正孔輸送層をα-NPD,発光層をAlq3として、α-NPD/Alq3素子(HJ素子)とα-NPD/α-NPD:Alq3/Alq3素子(MH素子)を用い、劣化前後での磁場特性の測定を行った。特に初期劣化時に輝度変化率が大きく、またHJ素子よりMH素子の方が輝度の変化率が大きい結果が得られた。これらの結果はインピーダンス分光法やPL測定では見られない違いであり、Alq3層のみの発光過程だけでなく,α-NPDとAlq3層間での発光過程も劣化において寄与する可能性があることが示唆された。