電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-12-16
RFサンプリングを想定した時間インターリーブADCの簡略化
◎高橋知也・木原崇雄・吉村 勉(阪工大)
近年提案されているデジタルRF受信機では、RF信号を直接サンプリングするA/D変換器(ADC)が必要となる。本研究では、RFサンプリングを想定した、4経路の時間インターリーブADCの簡略化方法を示す。バンドパス信号をサンプリングする際の各ADCの出力スペクトルを図示し、4つのADCを2つに簡略可能であることを示す。MATLAB/Simulinkを用いて、簡略化したADCの出力スペクトルをシミュレーションした。構成を簡略することで出力信号電力が低下するため、SNRが48.4 dBから46.1 dBに劣化したが、信号帯域内のエイリアシングは除去されるため、簡略化は有効である。