電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-10-12
周波数ΔΣ変調方式センサに対する位相ノイズの効果
○前澤宏一・藤野舜也・山岡昂博・森 雅之(富山大)
電圧制御発振器(VCO) を用いた周波数ΔΣ変調(FDSM) 方式AD 変換器は,発振周波数が高いほど高性能化が可能なため,化合物半導体デバイスに適している.このVCO を様々な物理量に応じて周波数が変化する発振器に変えることにより,シンプルな構造で,広帯域,高ダイナミックレンジなデジタル出力センサが可能となる.我々は,この方式に基づき,HEMTを用いた超音波センサや共鳴トンネルダイオードを用いた歪センサを提案している.本報告では,上記センサの高性能化に重要な発振器の位相ノイズの効果について検討した結果を述べる.