電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-10-9
光照射カーボンナノチューブフォレストのテラヘルツ応答
◎宮島卓也・板津太郎・佐野栄一(北大)・杉目恒志(ケンブリッジ大)・ステファヌス アルノード・尾辻泰一(東北大)
テラヘルツ(THz)半導体デバイスの実現のためには新素材や新構造の研究が重要であり、その中で我々は新素材であるカーボンナノチューブ(CNT)に着目した。CNTのTHzデバイス応用可能性を知るために、CNTの特性解明を目的とし、CNTがGaAs基板に対して垂直に配置されたサンプル(CNTフォレスト)に対して、THz時間応答測定を行った。同時に、グラフェンにおいてTHz波放射増強効果が見られた金属メッシュをCNTフォレスト上に形成したサンプルについても同様に測定したので、その結果を報告する。