電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-3-50
植物油由来の光デバイス用UV硬化光学接着剤の開発
◎秋本俊一郎・村田則夫(東京工科大)・ミジャ アリス(Univ. of Nice)・三田地成幸(東京工科大)
屋外での光学接着剤の使用には温度や湿度に対する高い信頼性だけでなく,環境への悪影響を失くす必要がある.しかし従来の光学接着剤は環境ホルモンとされており,その危険性の議論もされている.そこで我々は高い信頼性を持ち、なおかつ環境に優しい光学接着剤の開発のため,植物油由来のVOBETをベースとしたサンプルと,その性能比較のために従来のUV硬化光学接着剤であるAT6001のサンプルを作製し,初期及びプレッシャークッカー(PC)試験(121℃,100%RH)後,湿熱ヒートサイクル(HC)試験(20cycles,40cycles)後,高温高湿加速劣化試験(80℃-85%RH)後のせん断強度をそれぞれ測定した.本講演では,それらの検討結果を報告する.