電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-3-26
小児用F-SASセンサとPSGとの無呼吸イベント比較
◎齊藤 稜・三田地成幸(東京工科大)・杉山 剛(山梨大)
小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)とは扁桃肥大等の上気道狭窄により睡眠中の呼吸停止が頻回にみられる疾患であり、成長障害や、学習能力の低下などの生活の質(QOL)低下をもたらす。
我々はこれまでF-SASセンサの小児におけるOSAS診断への適用について検討を行ってきた。今回我々は、小児におけるF-SASセンサとポリソムノグラフィ(PSG)との睡眠イベント比較について検討したので報告する。