電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-3-6
相互相関方式による全光半導体ゲート型モードロックレーザ出力パルス波形品質の外部変調周波数離調度依存性とその許容範囲究明
◎南出雄佑・渋谷俊憲・瀬田川悠輝・竹下 諒・長広憲幸・上野芳康(電通大)
遅延干渉型全光ゲートを用いた全光ゲート型パルス発生器は、光中心周波数、エタロンのFSR、外部変調光周波数、リング共振周波数といった4種類の固有周波数を含む。これまでエタロンのFSRを基準として外部変調周波数に正負のオフセットを与えたときの出力特性を自己相関方式により調査したが、オフセットを拡大し共鳴を弱くすると出力MLパルス幅は広くなるという予測とは異なり、オフセット0近傍において極大を示した。本研究では、エタロンのFSRの周波数オフセットの許容範囲が決定付けられる要因を理解することを目的とし、サンプリングスコープを用いた相互相関方式により出力MLパルスのオフセット依存性の調査を行った。