電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-106
マルチモード共振器を用いたチップレスRFIDタグの検討
酒井文則・牧本三夫(サクラテック)・佐川守一・◎和田光司・小脇洸幸(電通大)
バーコードによるIDタグは安価であることに最大の特長があり広く普及しているが,秘匿性,コピー,改ざんなどセキュリティ上の課題も多い.これに対処するために電磁波を利用するチップレス・タグが従来より検討されており,筆者らもステップインピーダンス共振器(SIR)の高次モード(マルチモード)を利用した方式を提案している[1].ここでは,この方式のチップレス・タグに要求される共振周波数検出方式について検討したので報告する.