電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-73
共振器結合型断熱インターフェイスの低損失化の検討
◎澤原裕一・塩川教次・河口民雄・池内裕章・加屋野博幸(東芝)
我々はこれまでに小型冷凍機を用いた超伝導フィルタユニットの開発を行ってきた[1]。冷凍機の冷凍能力は、その大きさに比例しているため、小型冷凍機を用いる場合、外部からの熱流入が大きくなると冷却が十分にできなくなる問題がある。そこで、非接触で電磁界結合させることで熱流入を抑制し、共振器同士を結合させることで低損失にマイクロ波を伝送することを両立させた共振器結合型の断熱マイクロ波インターフェイスの検討を行っていた[2]。本報告では、このインターフェイスをさらに低損失化するために行った、等価回路をベースとした設計に関して述べる。