電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-60
多層平面構造UWBフィルタの通過域特性の改善について
◎竹内裕太・辻 幹男・出口博之(同志社大)
遺伝的アルゴリズム(GA:Genetic Algorithm)を用いて導体パッチ形状及びDGS(Defected Ground Structure)形状の最適化を行い,小型UWB(Ultra Wide Band)フィルタを設計する手法を提案し,そしてさらにGA により得られた回路の動作原理の解明及び回路の簡易化を行ってきた.本稿ではデュアルバンド特性のさらなる改善を行うため
の,新たなスロット及びパッチ素子形状の提案,並びに素子形状の簡易化について検討したので報告する.