電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-33
誘電体共振器を用いた3次元等方性CRLHメタマテリアルのインピーダンス特性改善
○石山拓未・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カルフォルニア大)
3次元等方性メタマテリアルとして,誘電体共振器と金属細線とを組み合わせたCRLHメタマテリアルに関する研究が行われている.この場合,誘電体共振器として,高誘電率材料が用いられているので,全体構造の波動インピーダンスが低くなり,自由空間との整合の際問題となる.そこで本稿では,構造の波動インピーダンスを大きくする目的として,インダクタンス成分が増加するよう金属細線の形状を最適設計することにより,自由空間と整合の取れた3次元等方性負屈折率メタマテリアルを提案する.数値計算結果より,提案構造は自由空間とほぼ整合が取れていることを確認した.