電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-31
遮断TMモード及びH型仕切り板装荷遮断TEモードによるバランス型CRLH方形導波管の伝送特性
○鵜山和哉・西村茂幸・出口博之・辻 幹男(同志社大)
遮断周波数以下において実効的に負の透磁率を示す遮断TMモードと負の誘電率を示す遮断TEモードを組み合わせた正方形のCRLH導波管が提案されている. 本稿では長方形の導波管において, 同軸励振により得た遮断TM_11モードと, H型の仕切り板を装荷することによりTE10モードを4つ組み合わせた遮断TEモードを用いることで, 両モードの電磁界分布が近く, なおかつバランス型を容易に満たす複合線路の新たな構成を提案する.