電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-16
ポーラ変調を用いたカスコード型パワーアンプの設計
◎石岡諒汰・村口正弘(東京理科大)
パワーアンプは飽和領域で高い効率が得られる。本報告ではポーラ変調を用いて、MOSFETパワーアンプを常に飽和動作させ、OFDM信号を高効率で増幅する手法を提案する。アンプはカスコード構成とし、OFDM信号の位相情報(定振幅)を前段ソース接地FETに入力し、振幅情報を後段ゲート接地FET のゲート端子に入力して、飽和を維持しながら包絡線制御する。提案構成で、1次変調16QAMのOFDM信号において、-20dB のEVM特性を満たしながらドレイン効率29.6%が得られた。