電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-2-3
導波管・マイクロストリップ変換器を用いた90GHz帯ハーモニック・ミキサの開発
○藤原康平・小林丈士(都産技研)
廉価なテフロン基板でWR10導波管・マイクロストリップ変換器を開発し、75GHzから105GHzにおいて変換損失が約1dBの低損失特性が得られた。この変換器とハーモニックミキサを組み合わせて90GHz帯の入力信号を10GHzへ周波数変換する周波数変換器の開発を行い、変換損失が約22dBの周波数変換器を開発したので報告を行う。