電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-1-28
SBR法を用いた屋内の壁厚を考慮した電磁波伝搬推定について
◎林 孝洋・白井 宏(中大)
本研究では,建物の内部構造を考慮した電磁波伝搬推定をShooting and Bouncing Rays(SBR)法によって解析するための検討を行った.従来法では,内部壁を含めた解析を行う際,入射方向によって壁厚の考慮が不十分であるため,厚みを正しく組み込んだ結果を得られなかった.本報告では,内部壁の中心線を基準に,その両側に壁を設定して解析するようにアルゴリズムを改良し,反射波及び透過波を考慮した解析を行うことで,改良したアルゴリズムの妥当性を検証した.