電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-1-4
多次元Wave Digital Filters原理に基づくFD-TD法における吸収境界条件(I)
○中 良弘(九州保健福祉大)・西本昌彦(熊本大)
多次元Wave Digital Filters(MD-WDFs)原理に基づく時間領域差分(FD-TD)法で用いられているPerfectly Matched Layers(PMLs)吸収境界条件は、解析領域が大きくなるのに伴い、その計算コストの増大が問題となる。そこで本研究では、計算領域端において平面波の伝搬を仮定した時の無反射終端条件を示し、吸収境界条件のための計算コストの低減を図った。