電子情報通信学会総合大会講演要旨
BS-8-10
送電側電圧誤差を考慮した走行中ワイヤレス給電におけるリアルタイム最大効率制御
◎小林大太・居村岳広・堀 洋一(東大)
近年,移動中のシームレスな給電が可能となる為,磁界共振結合方式を用いた電気自動車への走行中ワイヤレス給電技術が注目を集めている。先行研究では,伝送効率を最大化するために車両側のDC/DC コンバータを制御し,二次側電圧を変化させる手法が紹介されているが,送受電コイル間の結合係数(相互インダクタンス)は一定であるという仮定をしており,車両の走行時に急峻に変化する結合係数については考慮されていない。そこで,本稿ではリアルタイムで結合係数を推定し,推定値をもとにDC/DCコンバータを制御して伝送効率の最大化を行う手法を提案し,実験によって伝送効率改善の検証を行う。