電子情報通信学会総合大会講演要旨
BS-1-10
ウェアラブル機器間の伝搬特性に関する研究
◎小井田佳緒梨・常光康弘・前山利幸(拓殖大)
近年,無線を介してスマートフォンと連携を行うウェアラブル機器の普及が進んでいる.利用目的は,医療や通信など様々であり,その使用状況も多様である.形状も様々なものがあり,ブレスレット型,眼鏡型や腕時計型などがある.これらの機器は,Wi-FiやBluetoothなど2.4GHz帯を使用している.しかし,ウェアラブル機器は人体の影響によって無線性能が劣化することが知られている.
本研究では,人体周辺の電界分布と実測データからウェアラブル機器に求められるアンテナ性能について検討を行う.